サイトマップ

印刷

校長あいさつ

   学力 活力 感動

 
みなさんこんにちは 東京都立忍岡高等学校長の岡島まどかです。
 忍岡高等学校は、名庭園「蓬莱園」跡に建ち、樹齢400年の大銀杏が見守る中で、創立108年目となる歴史と伝統ある学校です。平成18年4月には普通科と生活科学科(家庭に関する学科)を併せもつ全日制単位制高等学校として改編され、今年で14年目を迎えました。忍岡高等学校は教育目標を「たくましく生きる力を身につけた国際社会に有為な人材を育成する」としています。その目標を実現するために、生徒が自らのあり方や生き方を考え、将来の夢の実現にむけて努力する姿勢を身につけていくよう取り組んでいます。生徒たちは自主的に学習に取り組みながら、豊かな知性や感性を育て、そして創造力を伸
 
ばすことを大切にしつつ、この変化の激しい時代をたくましく生き抜いていく力を大きく伸ばしています。
 本校の学校生活のキーワードは「学力・活力・感動」です。生徒はこの言葉と共に日々の授業や学校行事、部活動などすべての学校生活に積極的に取り組んでいます。
 「学力」を高めるためには「自ら学ぶ」ということが最も大切です。生徒は日々「主体的・対話的で深い学び」を取り入れた授業を受けながら、互いに学びあう、教えあうことで自らの学びを深め、確かな学力を伸ばしています。また、放課後や長期休業中には様々な講習・補習が行われ、いつでも学ぶ環境が整えられています。
 生徒が明るく生き生きしている学校には「活力」があります。「忍生は明るく生き生きとした挨拶ができて気持ちがいい」とよく言われます。自分の可能性を信じて仲間とともに励ましあい、協力し合って目標を成し遂げる「活力」あるチャレンジ姿勢は、自分にとって大きな自信と誇りになります。様々な場面でその活力を大いに発揮し、一つ上の目標を目指す意欲が醸成されています。
 そして、本校では学校内外での様々な活動を通じて、貴重な体験やいろいろな人々とふれあい会う機会があります。これらの機会を通して、多くの「感動」を体験する中で、豊かな心をもつ人間力のが高まり、自他を大切にする態度が育成されています。
 これからも、生徒の良さを伸ばし、歴史と伝統に磨かれた新しい校風を築き、よりよい学校経営と活力ある教育活動を進めてまいります。今年度も、様々な教育活動に取り組みを通して本校の教育方針、生徒の活動をぜひご理解いただき、ご支援いただきますことをお願い申し上げます。
 
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5丁目1番24号
電話 : 03-3863-3131 ファクシミリ : 03-3863-3153