サイトマップ

印刷

沿革

             東京都立忍岡高等学校 沿革

明治36. 4     私立日本女子美術学校として、芝公園の旧弥生館内に創設。
明治39. 3     本郷区千駄木町173番地に移転。
   .11.28    下谷区谷中初音町4丁目20番地 日本美術院跡に移転。
明治42. 6       私立日本女子技芸学校と改称。
明治44. 3.25      東京市に移管。東京市立第一女子技芸学校として認可される。
明治44. 6.10      開校式挙行。この日を開校記念日とする。
明治45. 3.28      東京市立第一実科高等女学校と改称、修業年限4年、生徒定員200名とする。

大正 5.10.31      下谷区池之端茅町2丁目38番地 忍岡尋常小学校跡に移転。

昭和 4.  7.  1      東京市立忍岡高等女学校と改称。
昭和15. 1.13      浅草区浅草向柳原町2丁目12番地 蓬莱園跡(現校地)に移転。
昭和18. 7.  1      東京都立忍岡高等女学校と改称。
昭和25. 1.28      東京都立忍岡高等学校と改称。

平成  9. 9           都立高校改革推進計画において、東京都立忍岡高等学校と東京都立上野忍岡高等学
                         校が統合して台東地区単位制高校が設置されることが示される。
平成18.4.1          普通科4学級・生活科学科2学級の全日制単位制高校として開校。
平成23.10.15      創立100周年記念行事を挙行。 
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5丁目1番24号
電話 : 03-3863-3131 ファクシミリ : 03-3863-3153